F.A.SS -
「鋼の錬金術師」の二次創作
【基本のエドロイSS】 -
原作をベースにした、エドロイSSです。
時系列順に並んでいます。
(下に行くほど後の出来事になります。)
誰がために - (まだロイの片想い)08.06.25up
- (両想いでもお互い気付かない)08.6.26up
水の中の月 - (告白)08.6.29up
- 08.6.30up
- (初めての触れ合い。大佐が咥えるのみ)08.7.1up
- (初体験)08.7.11up
蹟(しるし) - (大佐から初めてのキスマーク) 08.7.16up
シチュー - (大佐が熱を出さなくなったあたり)08.7.16up
- (大佐が壊れてます。ちょっとギャグ)08.7.22up
フソク - (豆がいないと闇がぶり返す大佐)08.7.22up
摂取 - (「フソク」の続き。相変わらず闇に囚われている大佐と帰ってきた豆)
08.7.22up
Turn R
Turn E
幕間 - (ごめんなさいなギャグ)
08.8.8up
- (ヤってるときのエドVer. 「虚」と対になってます。)
08.8.8up
- (ヤってるときのロイVer. 「彩」と対になってます。)
08.8.8up
- (「虚」の続き。どーしようもなくグダグダなロイ)
08.8.8up
- (兄さんと酔ってご機嫌の大佐。未然ジェラシー)08.10.25up
- (鬼畜い兄さん♪後、ヘタレ)08.10.25up
【遊 シリーズ】 -
パラレル。税務署長のロイと税理士のエド。

このSSは途中からRPG方式で、「遊」(ロイエドVer.)と「遊 脇道」(エドロイVer.)に枝分かれします。
但し、「遊 脇道」は「遊」本編と「遊 番外編」数本を包括した入れ籠構造になっておりますので、
「遊」→「遊 番外編」→「遊 脇道」の順に読まれることをお奨めします。
その順番にupして行きます。

「遊」vol.1〜vol.9 - 「遊」「遊 脇道」とも枝分かれするまで共通です。
「遊」vol.1 - 08.11.12up
「遊」vol.2 - 08.11.12up
「遊」vol.3 - 08.11.13up
「遊」vol.4 - 08.11.13up
「遊」vol.5 - 08.11.13up
「遊」vol.6 - 08.11.16up
「遊」vol.7 - 08.11.16up
「遊」vol.8 - 08.11.16up
「遊」vol.9 - 08.11.16up
「遊」 Vol.10以降(ロイエドVer.) -
ロイエドがお嫌いな方も、これはこの後のエドロイver.がこの「遊」のロイエドバージョンを含んだものですので、お読み戴ければ幸いと存じます。

「遊」vol.10 - 08.11.19up
「遊」vol.11 - 08.11.19up
「遊」vol.12 - 08.11.19up
「遊」vol.13 - 08.11.19up
「遊」vol.14 - 08.12.7up
「遊」vol.15 - 08.12.7up
「遊」vol.16 - 08.12.7up
「遊」vol.17 - 08.12.7up
「遊」vol.18 - 08.12.7up
「遊」vol.19 - 08.12.7up
「遊」vol.20 - 08.12.7up
「遊」vol.21 - 08.12.12up
「遊」vol.22 - 08.12.12up
「遊」vol.23 - 08.12.12up
「遊」vol.24 - 08.12.12up
「遊」vol.25 - 08.12.12up
「遊」vol.26 - 08.12.12up
「遊」vol.27 - 08.12.12up
「遊」vol.28 - 08.12.12up
「遊」vol.29 - 08.12.12up
「遊」vol.30 - 08.12.12up
「遊」vol.31 - 08.12.16up
「遊」vol.32 - 08.12.16up
「遊」vol.33 - 08.12.16up
「遊」vol.34 - 08.12.16up
「遊」vol.35 - 08.12.17up
「遊」vol.36 - 08.12.17up
「遊」vol.37 - 08.12.17up
「遊」vol.38 (これで完結です) - 08.12.17up
「幻」 (「遊」 番外編)(エドロイ) - 08.12.17up - (旧テレビアニメのラストから映画シャンバラのその後。ロイVer.)
「惑」 (「遊」 番外編)(エドロイ) - 08.12.17up - (旧テレビアニメのラストから映画シャンバラのその後。エドVer.)
「遊 脇道」(エドロイVer.) - 「遊」Vol.10以降
こちらはエドロイバージョンのうえ、ロイが精神的に壊れてしまっています。
しかも暗いです。
弱いロイが厭だという方はお読みならないで下さい。
「遊 脇道」Act.1 - 08.12.17up
「遊 脇道」Act.2 - 08.12.19up
「遊 脇道」Act.3 - 08.12.19up
「遊 脇道」Act.4 - 08.12.19up
「遊 脇道」Act.5 - 08.12.19up
「遊 脇道」Act.6 - 08.12.19up
「遊 脇道」Act.7 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.8 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.9 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.10 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.11 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.12 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.13 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.14 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.15 - 08.12.21up
「遊 脇道」Act.16 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.17 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.18 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.19 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.20 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.21 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.22 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.23 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.24 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.25 - 08.12.23up
「遊 脇道」Act.26 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.27 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.28 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.29 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.30 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.31 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.32 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.33 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.34 - 08.12.24up
「遊 脇道」Act.35 - 08.12.26up
「遊 脇道」Act.36 - 08.12.26up
「遊 脇道」Act.37 - 08.12.26up
「遊 脇道」Act.38(とりあえず完結ですが、「澱」へ続きます) - 08.12.26up
「澱」 (「遊 脇道」完結話) - 08.12.26up - (「脇道」のロイVer. これで「脇道」の本編は終わりになります)
「寥」 (「遊 脇道」 番外編 エドロイ) - 09.1.7up - (「幻」の割愛部分)
「仕」 (「遊 脇道」番外編 エドロイ) - 09.1.7up - (駅前相談するセンセイ)
「誤」 (「遊 脇道」番外編 エドロイ) - 09.1.7up - (ある日税務調査が…)
「加」 (「遊」番外編 エドロイでもどっちでも) - 09.1.7up - (本編に入れ忘れた生協の小ネタ)
「罪」 (「遊 脇道」番外編) - 09.1.7up - (そして今2人は)
「問」 (「遊 脇道」番外編 エドロイ) - 09.1.7up - (そして今2人はその2)
「策」 (「遊 脇道」番外編 エドロイ) - 16.12.29up - (あの夜の男は)
【その他 ロイ受】
「戯」 (ブラロイ) - 09.1.7up - (ロイにホムンクルスと知られ、別れを告げるブラッドレイ)
「蓮」 (キンロイ) - 09.1.7up - (イシュヴァールにて。意外にほのぼのかと…。)
「痴」 (エドロイ)(単発) - 09.1.7up - (淫乱ロイの純情)
「羞」 (エドロイ前提ハボロイ)(「痴」シリーズ?) - 09.1.7up - (「痴」の続編。エドを愛しているロイだが、ハボに…。いや、ハボは被害者なのですが。)
- 上下につながりはありません
「紅」 (エドロイ) - 09.1.7up - (久しぶりに司令部に来た兄さん)
【単発 ロイエド】 - (焦れたロイにレイプされるエド。18禁のレイプものですんで、ご注意下さい)
「赦」 Act.1 - 09.1.7up
「赦」 Act.2 - 09.1.7up
【単発 ハボロイ】
「憂」 - 14.10.16.up - (ロイとハボックの阿呆らしいすれ違い)
「今更」 - 09.1.7up - (自分の想いに気付くロイ)
「蜜」 - 09.1.7up - (恋人になった後。エロシーンばっか)
「背」 - 09.1.7up - (ハボの背中に惹かれるロイ)
【「錯」シリーズ】 - ハボロイオンリーです。
イシュヴァールでの経験がロイに与えたものは…。
- 今はなき某数字SNSで、2007年9月から書いていたものです。
「錯」 Act.1 - 09.1.7up
「錯」 Act.2 - 09.1.7up
「錯」 Act.3 - 09.1.11up
「錯」 Act.4 - 09.1.11up
「錯」 Act.5 - 09.1.12up
「錯」 Act.6 - 09.1.16up
「錯」 Act.7 - 09.1.16up
「錯」 Act.8 - 09.1.17up
「錯」 Act.9 - 09.1.17up
「錯」 Act.10 - 09.1.18up
「錯」 Act.11 - 09.1.20up
「錯」 Act.12 - 09.1.21up
「錯」 Act.13 - 09.1.24up
「錯」 Act.14 - 09.1.27up
「錯」 Act.15 - 09.1.29up
「錯」 Act.16 - 09.2.1up
「錯」 Act.17 - 09.2.6up
「錯」 Act.18 - 09.2.12up
「錯」 Act.19 - 09.2.15up
「錯」 Act.20 - 09.2.20up
「錯」 Act.21 - 09.2.26up
「錯」 Act.22 - 09.3.9up
「錯」 Act.23 - 09.3.13up
「錯」 Act.24 - 09.3.20up
「錯」 Act.25 - 09.3.26up
「錯」 Act.26 - 09.4.7up
「錯」 Act.27 - 09.4.21up
「錯」 Act.28 - 09.5.6up
「錯」 Act.29 - 13.5.21up
「錯」 Act.30 - 13.5.22up
「錯」 Act.31 - 13.5.23up
「錯」 Act.32 - 13.5.26up
「錯」 Act.33 - 13.5.31up
「錯」 Act.34 - 13.6.2up
「錯」 Act.35 - 13.6.17up
「錯」 Act.36 - 13.6.19up
「錯」 Act.37 - 13.6.26up
「錯」 Act.38 - 13.7.11up
「錯」 Act.39 - 13.7.14up
「錯」 Act.40 - 13.7.19up
「錯」 Act.41 - 13.7.27up
「錯」 Act.42 - 13.8.13up
「錯」 Act.43 - 13.11.22up
「錯」 Act.44 (完結) - 13.11.26up
「聴」 (『錯』番外編) - 最終話後、ツケを支払に行くロイ。
Vol.1 - 17.1.7up
Vol.2 - 17.1.7up
【瑠】シリーズ - 【注意書きです】
これはいつものロイエドロイと、また原作とも異なるパラレルのロイエドロイSSです。
(すみません!最初間違えて『ロイエド』と書いてましたが、ロイエドロイです。)
原作またはアニメ設定以外受け容れないと言う方はお読みにならないで下さい。
最初は「人魚」のタイトルでしたが、後に「瑠」にしました。
「瑠」 Act.1 - 16.12.30up
「瑠」 Act.2 - 17.1.1up
「瑠」 Act.3 - 17.1.3up
「瑠」 Act.4 - 17.1.11up
Gift - 頂き物など
取調室にて -
ヒューズ×ロイ from 志乃さま
give me more -
ヒューズ×ロイ from 志乃さま
> 【基本のエドロイSS】 >
08.6.30up
寂しい。
という言葉を私は実感したことがなかった。
望まなくても常に擦り寄ってくるご婦人方に囲まれていたし。(女性の躰の柔らかさは好きだ。抱きしめると幸福な気持ちになれる気がする。)
振り返ってみれば、幼少の頃は両親や年の離れた兄弟が可愛がってくれた。
士官学校に上がってからはヒューズが鬱陶しいくらい構ってきたし、境遇の割にいささか人付き合いが下手だった私だが、彼のお節介によって友人にも恵まれてきた。
軍に入ってからは、イシュヴァール内乱時もヒューズやホークアイが常にそばにいた。
不本意なことだが紅蓮の錬金術師すら、何くれと無く世話を焼いてくれていたのだと思うことが出来る。
あの当時は実感できなかったが。
今は心許した部下に囲まれて、仕事をサボるのかと監視されている次第で寂しさを感じるヒマもない。

そんな私が。


金色の瞳を持つ少年が旅だって、既に数週間になる。
想いを打ち明けあってからは少なくとも3週間以内には司令部に戻って報告書を置きに来ていたのに。
何か現状を打開する策に恵まれたのだろうか。
有力な文献が見付かったのだろうか。

私は彼が歩みを止めることなど願わない。
私にも目標がある。
それに向かって邁進しなければならない。
それは誰に与えられたものでもない、私が私に課した野望。
彼が彼の目的を目指すのと同様に、私も私の目標を目指して歩まなくてはならない。
お互いに恋情に溺れることのない人間だからこそ惹かれあったのだと今なら思えるし、想いを伝え合い、想いあってもそれによりお互いがその脚を引っぱることのない関係だと胸を張って言える。
それこそが私たちの関係なのだと。
それは私の誇りでもある。


「報告書!じゃな!」
私の執務机に書類を叩き付けて少年が言う。
「いつになったら上官に対する口の聞き方を覚えるのだね?」
恒例になってしまった溜め息と共に告げれば
「覚えたってオレ達の役に立たねーし?興味なし!」
挑戦的な瞳が煌めく。
ああ、君は自分の瞳がどれだけ私を捉えるのか知らないのだな。
「ほう。そうか。では君は第2資料室に新たに収められた文献にも興味がないと思って良いのだな?」
にやりと笑って言えば面白いように表情が変わる。
「たーいさ。」
その作り笑いは失笑を買うからやめたまえと言えば君は止めるかね?
そんな表情に鼓動が乱れるのは私くらいなモノだぞ?
(と信じたいのは、私が彼を美しすぎると思うからだろうか。)

「今回の旅は有用だったかね?」
彼の呼びかけには応えず問う。
「あ!?んー。今一つだったな。」
「旅の…間に何か思うことは有った…か?」
私は何を問いたいのだろう?
いつの間にか握りしめた指先が白い。
どうしたことだ。
「何か…って、ナニが?」
「眠る…時にとか…。」
ナニを言っているのだ?私は。
「あ?オレベッドに入るとコテンな人間だぜ?」
「そ…そうか。それはなによりだ。私は眠りにつくのが苦手でな。」
ナニを取り繕っているのだろう。自分に疑問だ。
「はぁ…。どした?なんかヘンだぞ?大佐。」
それは私にも解っている!
「いや…そうだな。…君は忙しいものな。」
「ああ…まぁ…。」

どうしよう。
この白けてしまった空気を。
ほら。少年もどうしていいのか解らなくなっているじゃないか。
そもそも私は何がしたいというのだ?

「その…なんだ…。何か旅行中困ったことでもあったら連絡したまえ。
 少しは私でも君の役に立てることがあるだろう。」
そうだ。私は大人で、大佐という地位にいるのだから。
彼を助けることも出来るだろう。
「や。これはオレ達の不始末だからな。あんたを頼るわけにはいかねぇよ?」
頼もしくはある返事だ。少年らしい。
しかしそれでは…
「そう…か…。」
なんだか面白くなくなってきたぞ?
「君にとって私は…不要か。」
あ?それを自分で言ってはおしまいだぞ?私!?

「は?あー…。ああ!」
ぽん、と手を打ち、執務机を回って少年が私の前へと歩いてきた。
「オレがいなくて寂しかったか?」
顔を覗き込んでにやりと笑っている。
「な…っ!そんな訳ないだろう!」
何を言って…。
「オレは寂しかったぜ?あんたに逢いたかった。」
椅子を少年へと回され、耳元に囁かれた。
耳から頬へと紅くなっていくのが解る。
「そ…そうか?」
「うん。あんたは?オレのこと全然考えなかった?」
腕を広げた少年にひちゃりと抱きついた。
座っている私の頭は丁度少年の胸元へ抱き込まれる。
「君のことばかり考えていた。…寂しかったよ。」

そうだ。
寂しかったのだ。私は。
そして少年にもそう思って欲しかったのだ。
「ん。そか。可愛いな、あんた。」
「可愛いのは君の方だろう?」
ああ、少年の匂いだ。
「あんたんちに行ったら、どんだけオレが寂しかったか教えてやるよ。」
「んー…。」
少年が髪を撫でてくれる。
この上なく幸せな気分だ。
「でもな?」
「んん?」
「そろそろ仕事、しろな?さっきから中尉が青筋たてて睨んでるぜ?」
「!!!!!!!」

いたのかーーー!!!!
…いたな。そう言えば。

「じゃ、オレ資料室行ってっから。終わったら一緒に帰ろうなー♪」
スキップでもしそうなイキオイで少年が去っていった。
「は…ははは…。」
ぎぎぎぎ、と音がした気がする。
私の首はどうして軋むのだろう?
振り返るとそこにはブリザードを背負った中尉が…。

「よろしかったですね。」
「はィ!?」
国軍大佐であるはずの私は中尉に姿勢を正した。
「欲しかった言葉が貰えて。」
「あ…ああ。」
恥ずかしい。
我に返って会話を思い出すと顔から火が出そうだ。
…とても嬉しかったが。
「では、その喜びを勤労意欲に替えて戴けますね!?」
にっこりと微笑む中尉の瞳は、やはりブリザードのように凍り付いていた。
「はい…。」
すごすごとペンを握り、書類へと向かう。

『寂しい』
それは独りの夜には耐え難い感覚だった。
しかし少年を想う寂しさは幸福に繋がっている。

それは私の知らなかったことだった。



        fine


070917



ロイについて、原作で読む(書かれている)前だったので家族がいたという前提で書いています。
実際は養母だったのですが、放置プレイです。
申し訳ございません。


clear
NiconicoPHP